早期に発見したいトイレの水漏れ

早期に発見したいトイレの水漏れ 水を使った設備は、家庭の中にいろいろとあります。どれも生活に欠かすことができない設備ですが、毎日必ず使うのがトイレです。まったく使わない日はありません。水漏れを起こせば正常に使えなくなってしまい、快適に生活することができなくなります。水道からの水漏れもありますし、排水から漏れてくるケースもありますが、どちらも大きな損害を発生させるのがトイレ 水漏れです。普段の生活の中でも注意もしなければいけませんし、発見したときには早期に修理を考えなければいけません。

■わずかでもどこから漏れているのか特定する

トイレから水漏れを起こすと、パニックになることさえあります。それほど漏れてくるのは日常では起きないことと考えているからです。その中で、わずかに漏れているケースは、水を使う場所として結露したケースも考えられます。わずかであればぞうきんでふき取れば済んでしまいますが、量が増えればそうはいきません。何度も起きるときも、トラブルから起きる水漏れと考え、早期に修理しなければ被害を拡大させる危険が出てきます。
ほんのわずかな量で発見がしにくい時には、新聞紙などを置いて時間をあけるとわかりやすくなります。発生個所を絞り込めるようになり、だいたいの目安がつけば重点に探し出せるからです。
タンクの周りから漏れているようであれば、配管がつながっている部分を見ています。接続部分にはパッキンを挟み、隙間ができないようにつながれていますが、劣化すれば自然とゆっくり漏れてくる部分です。便器周辺であれば、本体に問題があるケースも出てくるため、ひび割れなどもチェックするといいでしょう。異臭がするときには、排水管のある床側もチェックすれば間違いありません。

■トイレの水は供給され続ける
トイレで水漏れを見つけたときには、そのままにしておいても直りません。どこで漏れていても同様ですが、劣化や破損が起きているケースがほとんどで、時間とともに状態が改善するはずがないからです。早期に修理交換しなければ、被害はどんどんと広がります。
トイレの大きな問題として、水道管がつながれており、使用した水の量に対して必要分を供給する仕組みがあります。仮に必要がないときに漏れたとしても、機能的に補充するのが被害を広げる問題点です。タンクから漏れていれば、その分を水道管から補充しようとします。水道からの供給が止まるまで、ずっと流れ続けるため、被害が止まることなく拡大するのが他の水回りと比べた時のトイレの給水側の水漏れの特徴です。

■修理とともにリフォームも

トイレは使った水を適切に流さなければいけません。使えば使った分だけ汚物と一緒に排水します。この排水が漏れてくれば、衛生的にも大きな問題です。
排水管は、便器の下から接続されます。水の勢いも利用するための設計ですが、どうしても目につかない場所なのも被害を広げる原因です。流れ出したことで床材にも影響を与え、家全体にダメージが広がることもあります。接続部のパッキンひとつをとっても簡単に修理ができない場所で、便器本体を外してからになるなど、専門的な知識も必要です。
便器を外すことから、修理とともにリフォームを考えてみるのもいいでしょう。トイレの床などは簡単に交換できる場所ではありません。水漏れというトラブルをうまく利用して、快適な環境にしてみるのも効率的な修理方法です。

■まとめ
トイレは生活に欠かせない設備です。故障すれば、大きな影響を与えます。水も大量に使うことから、普段からトラブルが起きていないか気をつけてみておかなければいけません。わずかなことでも異常を見つけたときには、できるだけ早く修理を考えましょう。素人ではできない内容のときには、無理をせずに専門業者に依頼して修理するのも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース